NewsTV'blog編集部が厳選した、2018/11/26時点の直近最新業界ニュースです!

■ブランドマーケターが振り返るデジタル広告業界の2018年 -第2回:今どきのデジタルクリエイティブ-

 https://www.exchangewire.jp/2018/11/22/interview-unilever-and-adk-2-marketer/ 

【概要】

・デジタル向けのクリエイティブはユーザーに見てもらいやすく受け入れられるよう、各プラットフォームに合わせて変える必要がある。

・企業が言いたいことやブランドの世界感を理解してもらえるような、ユーザーに寄り添ったクリエイティブ制作が求められる。



■Advertising Week New York 2018で、Googleが語ったデータの取り組み

 https://markezine.jp/article/detail/29697 

【概要】

・ユーザーは自分たちの課題や興味関心に関連性のあるブランドを選択しており、自分に支援的なブランドを常に探している。

 よって、消費者の購買意図を高めるためには”ブランド“の関与度が重要である。

・ビジネスに膨大な価値をもたらすであろうLTVの高い顧客に対するブランドや購買体験などの“差別化”が、デジタル領域においても特に重要である。



■D2C、日本の企業のインフルエンサーマーケティング調査

 https://news.mynavi.jp/article/20181120-727400/ 

【概要】

・D2Cは日本の企業・自治体におけるインフルエンサーマーケティングの浸透度や活用実態を測ることを目的に、インフルエンサーマーケティングに関する調査を実施。

・インフルエンサーマーケティングを実施の目的は「認知拡大」が最も多く49.6%。次いで「興味喚起(45.3%)」「理解促進(36.7%)」。

・インフルエンサーマーケティング実施経験者の5割以上が施策の効果を実感。

関連する記事

関連するキーワード

著者